RE:USE(再利用)
洗浄し、繰り返し利用出来る食器を顧客のニーズに応え数多く御用意し、限られた資源を守る事に貢献します。
RE:DUCE(減らす)
長年培ってきら技術力により、長寿命化を実現させます。
新技術により耐衝撃性に優れた減容性新型OP商品の開発などゴミの廃棄の低減に貢献します。
RE:CYCLE(再資源化)
廃プラスチックをリサイクル業者に委託し、プラスチックのまま原料にし、新しい製品を作る事に貢献します。
ゴミの軽量化を考えた新OPSシート
厚み、重量の軽減を考えた新型OPSシート。
しかも従来品より油にも強くなっています。
【特長1】厚み・重量を従来品より約25%削減。廃棄処理コストが削減できます(重量課金の場合)
【特長2】潰しやすく、復元しにくい素材で、ゴミのかさを減らす事ができます。廃棄処理コストを低減できます(容積課金の場合)
回収弁当箱は環境に優しい
当社の回収弁当箱(PP製) 425gに含まれる炭素から発生するCO2は、およそ1,334.5g。
それと同等の使い捨て弁当箱(蓋OPS 本体PPF)の重量は、41g。
発生するCO2はおよそ108.3gで8%。

しかし、年間で考えると、回収弁当箱は、1年間1個使うのに対し、使い捨て弁当箱は約250個使用します。
すると1年間で約27,075g、およそ20倍のCO2を発生します。

(比較対象 回収弁当箱 B-193 PR-7   使い捨て弁当箱 TSR-10 TSR-70-55-U)
↑ページTOPへ